こんにちは!
有限会社松浦電気工事は愛知県みよし市を拠点に活動する電気工事会社です。
名古屋市を中心に中部地区で、防爆電気工事やLAN配線工事などをはじめとする各種電気工事を手がけております。
変圧器や配電盤といった言葉をご存じの方はいらっしゃるかと思うのですが、高圧受変電設備についてはどうでしょうか。
実はオフィスや学校・工場など、どのような場所においても高圧受変電設備は非常に重要な役割を担っています。
今回は、この高圧受変電設備がどのような設備なのかを簡単にご紹介いたしますので、これから電気工事が必要となる可能性がある方は、ぜひ参考にご覧ください。

そもそもどんな役割を担っているの?

高圧受変電設備は、電力会社から送られてくる電力を戸建てやオフィス、それぞれの場所で利用できるように電圧を下げる設備のことです。
電力会社から送られてくる電力は高圧なので、一般家庭などでそのまま使用することはできません。
そのため高圧受変電設備を用いて、100Vや200Vなどに電圧を下げて一般家庭でも電気を使用できるようにします。
施設の規模によって必要となる電力は異なるので、場合によっては400Vまで電圧を下げるなど、状況に応じて変わってきます。

高圧と低圧について

高圧と低圧、それぞれどのぐらいの範囲をそのように呼んでいるのか、はっきりと知らない方もきっと多いですよね。
直流と交流のどちらの方法で電気が流れているのかによって変わってくるのですが、基本的に一般家庭では交流となっており、この場合は600V以下を低圧、600Vを越え7000V以下のものを高圧と呼びます。
ちなみに7000Vを越えるものは特別高圧と呼ばれています。
そのため高圧受電設備は、600V以上7000V以下の電圧を600V以下に変圧することはできますが、7000Vを越えるものに関しては対応できません。

電気のことでお困りではないですか?

高圧受変電設備について簡単にご紹介いたしましたが、電気を使用するために必要不可欠であることはなんとなくご理解いただけましたでしょうか。
これからオフィスや工場などの新設工事を予定されているのであれば、高圧受変電設備工事が必要となってくるはずです。
また高圧受変電設備は、一度工事をしたら終わりというわけではなく、法定点検の実施も定められています。
工事・点検どちらについてもお問い合わせを承っておりますので、高圧受変電設備のことについて話が聞きたいということでしたら、ぜひお気軽にご相談いただけますと幸いです。
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。


日進市・みよし市や名古屋市など愛知県の電気工事は(有)松浦電気工事
業務拡大中につき電気工事士や施工スタッフ、事務などの求人情報を掲載中です。
〒470-0206愛知県みよし市莇生町鳥居前55
電話:0561-41-8630 FAX:0561-34-4430
※営業電話お断り