こんにちは!
有限会社松浦電気工事は愛知県みよし市を拠点に活動する電気工事会社です。
名古屋市を中心に中部地区で、防爆電気工事やLAN配線工事などをはじめとする各種電気工事を手がけております。
さて皆さま、弊社で手がけるこの防爆電気工事がどのような工事なのかご存じでしょうか。
今回は、この防爆電気工事について簡単にご紹介いたしますので、興味がある方はぜひご覧ください。

そもそも防爆って何?

防爆という漢字を目にした際に、一般的に思い浮かべられるイメージとしては「爆発を防ぐ」もしくは「爆発から守る」のどちらかになるでしょう。
ここでいう防爆の意味は、前者の「爆発を防ぐ」といったものになります。
プラント施設などで、可燃性ガスや粉じん、蒸気による火災や爆発が起きるのを防ぐために行われる工事のことを、防爆電気工事と呼んでいます。
防爆工事という言葉だけだと、どのような工事なのかイメージしにくかったかもしれませんが、少しは想像しやすくなったでしょうか。

防爆電気工事が必要な理由とは?

防爆工事は必ず必要なものなのか?、別に行わなくてもいいのではないか?と考える方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、防爆には法律が大きく関係してきます。
この関係してくる法律が労働安全衛生法です。
労働安全衛生法によると、事業者はガスや電気などによる危険から従業員を守る措置を取らねばなりません。
プラントなどでは防爆エリアと呼ばれる箇所があり、このエリア内では国内防爆検定品と呼ばれるものを使用しなければならないと定められています。
この決まりを守らないと、労働安全衛生法違反となり刑事責任を問われ、罰金・懲罰の対象となります。
万が一、措置を取らなかったことが原因で死亡事故などを引き起こした場合は、業務上過失致死罪に問われることもあるので、事業者は確実に対処していかなければなりません。

専門的なことは弊社にお任せください!

防爆電気工事について簡単にご紹介いたしましたが、少しでも参考になりましたでしょうか。
今回は、防爆という言葉の意味と、防爆電気工事が必要な理由に絞って解説しました。
これから新たにプラントや工場を建設するご予定がある方や、もしかしたら防爆電気工事が必要かもしれない方は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。
防爆電気工事をわかりやすく解説して、皆さまにとってどのような工事が必要なのかをご提案します。
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。


日進市・みよし市や名古屋市など愛知県の電気工事は(有)松浦電気工事
業務拡大中につき電気工事士や施工スタッフ、事務などの求人情報を掲載中です。
〒470-0206愛知県みよし市莇生町鳥居前55
電話:0561-41-8630 FAX:0561-34-4430
※営業電話お断り