職務を行なえる範囲のほか、さまざまな違いがあります


電気工事士を目指すにあたって、一種と二種の違いについて疑問をおもちになる方は少なくないでしょう。
そこで今回は、その違いについていくつかご紹介いたします!

 

工事できる範囲が違う

第二種電気工事士は一般用電気工作物、つまり小規模な工事にしか対応できません。
しかし、第一種電気工事士は一般用電気工作物に加え、「500kW未満の自家用電気工作物」に従事することができるため、ビルや工場などの大規模な電気設備工事に対応可能となります。

 

資格試験の範囲・難易度が違う

これは想像に難くないかと思います。
出題形式(筆記試験と実技試験)は変わりませんが、問題の範囲や難易度が異なりますので、それぞれの資格に適した対策を講じましょう。

 

収入や待遇に差が生じる

第一種電気工事士の資格を取得するには、一定の実務経験が必要となります。
そのため、二種と一種では求められる能力が異なりますので、収入や待遇に差が生じるのは当然と言えます。
高収入を目指したい場合は、ぜひ3年以上の実務経験を積んで第一種電気工事士の資格取得に挑戦しましょう。

 

未経験OK!弊社なら資格取得支援で強力バックアップ!

愛知県みよし市の有限会社松浦電気工事では、新たな現場スタッフを求人中です。

未経験でも制度を利用して国家資格を取得し、一流を目指していただける環境です。もちろん経験者や資格保有者は給与面で優遇いたしますので、経験や資格の有無を問わずご興味のある方はぜひご応募ください!

最後までご覧いただきありがとうございました。


日進市・みよし市や名古屋市など愛知県の電気工事は(有)松浦電気工事
業務拡大中につき電気工事士や施工スタッフなどの求人情報を掲載中です。
〒470-0206愛知県みよし市莇生町鳥居前55
電話:0561-41-8630 FAX:0561-34-4430
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする